初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ホンダ、06年モータースポーツ活動を発表

ホンダ、06年モータースポーツ活動を発表

ホンダ、06年モータースポーツ活動を発表

ホンダは20日、06年のモータースポーツ参戦体制を都内のホテルで発表した。

先週のセパン合同テスト参加したホンダのファクトリーチーム、レプソル・ホンダに所属するニッキー・ヘイデンとダニ・ペドロサ、JiR・コニカミノルタ・ホンダの玉田誠が直接マレーシアから駆けつければ、エストリル合同テストを終えたばかりの高橋裕紀、既に活動の拠点バルセロナでトレーニングを積んでいる青山周平、BSB英国スーパーバイク選手権に2年連続参戦する清成龍一ら、国内外に2輪4輪の大会に参戦する関係者が揃った。

ホンダは同発表会で、「世界トップレベルのレースで表彰台を競う人材の育成」について説明。04年に創立した「スカラーシップ」として、昨年の全日本GP250王者となった青山周平を指名し、第1期生の青山博一、第2期生の高橋に続く、第3期生として、レプソル・ホンダから初参戦する。

また、「モータースポーツの普及」については、昨年末に発表した鈴鹿サーキットとツインリンクもてぎの合併し、「株式会社モビリティランド(仮称)」となることを説明。世界の頂点レースの開催や「見て、遊んで、体感する」場と機会の創出に積極的に取り組み、日本のモータースポーツ文化のさらなる発展に寄与していく目的を明かした。

Tags:
MotoGP, 2006

Other updates you may be interested in ›