初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フォルトゥナ・アプリリアの発表会に、S.エトーが登場

フォルトゥナ・アプリリアの発表会に、S.エトーが登場

フォルトゥナ・アプリリアの発表会に、S.エトーが登場

フォルトゥナ・アプリリアのチーム発表会は23日、スペイン・マジョルカ島で行われ、FCバルセロナのサムエル・エトーが激励に駆けつけた。

ホルヘ・ロレンソの出身地であるマジョルカ島のパルマ・デ・マジョルカで催された発表会には、アプリリア・レーシングのレース部門の最高責任者であるジアンピエロ・サッキを始め、チームスポンサーのアルダディス社、ロータス社、バレアレス諸島の県政府ら多くの関係者が集まった。

22日に、チャンピオンズリーグのためイギリス・ロンドンでの試合(対チェルシー戦)に出場して、決勝弾を叩き込んだFCバルセロナのサムエル・エトーは、以前マジョルカ(現在、大久保嘉人が所属)で数年間プレイしていた関係から発表会に出席。「タイトル候補?この2人だ」とロレンソとエクトル・バルベラを指名した。

地元で初の発表会となったロレンソは、「タイトル候補として準備はできている。だけど、賭けや予想はあまり役に立たない。毎日その実力を証明しないと。僕はベストライダーになるために準備しているし、その後に誰が僕たちのライバルか見てみよう。今は僕自身を見つめ、可能な限り速く走ることに挑戦したい」と、抱負を語った。

ホンダからアプリリアに乗り換えて、好パフォーマンスを見せるバルベラは、タイトル獲得を目標とすることを語った。「目標はワールドチャンピオン。その目標を達成するためには、日々向上し、バイクの上でエンジョイすること。好リザルトを獲得し続ければ、その時にライバルを見極め、目標を達成するために戦略を考えたい。開幕戦の初セッションから上位につけたい。」

Tags:
250cc, 2006

Other updates you may be interested in ›