初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

MotoGPオフィシャルテスト4日目:MotoGPクラス、V.ロッシ先制パンチ

MotoGPオフィシャルテスト4日目:MotoGPクラス、V.ロッシ先制パンチ

MotoGPオフィシャルテスト4日目:MotoGPクラス、V.ロッシ先制パンチ

MotoGPオフィシャルテストの4日目は3日、最高峰クラスが3日間のセッションを開始。バレンティーノ・ロッシが初日を制した。

カタルーニャ・サーキットは気温18度、路面温度22度のドライコンディションの中、05年王者のロッシは15時36分に4コーナーで転倒を喫したが大事には至らず、ただ1人1分44秒台を突破すれば、チームメイトのコーリン・エドワーズ、ダンロップタイヤを搭載するカルロス・チェカが続き、ヤマハ勢がトップ3を独占した。

冬期テストで上位タイムを刻むジョン・ホプキンスが4番手に入れば、最多103ラップを走り込んだニッキー・ヘイデン、06年型マシンの進歩を証明する中野真矢、新天地に移籍したセテ・ジベルナウ、昨年のランク2位マルコ・メランドリ、ヤマハからホンダに乗り換えるトニ・エリアス、ニューデザインで登場した玉田誠がトップ10入り。現250ccクラス王者のダニ・ペドロサは、ホンダエンジンを搭載したオリジナルマシンで走るケニー・ロバーツに次ぐ12番手だった。

オフィシャルテストには、肩の手術を受けたケーシー・ストーナーとWCMの2人を除く、18人とテストライダーの2人が参加した。

オフィシャルタイムFP1
1. V.ロッシ(ヤマハ): 1分43秒608(54ラップ)
2. C.エドワーズ(ヤマハ): 1分44秒063(66ラップ)
3. C.チェカ(ヤマハ): 1分44秒070(72ラップ)
4. J.ホプキンス(スズキ): 1分44秒197(74ラップ)
5. N.ヘイデン(ホンダ): 1分44秒209(103ラップ)
6. 中野真矢(カワサキ): 1分44秒399(61ラップ)
7. S.ジベルナウ(ドゥカティ): 1分44秒556(63ラップ)
8. M.メランドリ(ホンダ): 1分44秒672(76ラップ)
9. T.エリアス(ホンダ): 1分44秒702(71ラップ)
10. 玉田誠(ホンダ): 1分44秒721(78ラップ)
11. K.ロバーツ(ホンダ): 1分44秒868(80ラップ)
12. D.ペドロサ(ホンダ): 1分45秒011(88ラップ)
13. R.ドプニエ(カワサキ): 1分45秒111(59ラップ)
14. L.カピロッシ(ドゥカティ): 1分45秒253(71ラップ)
15. C.バーミューレン(スズキ): 1分45秒968(68ラップ)

サーキットレコード: 05年V.ロッシ(ヤマハ) 1分43秒195
サーキットベストラップ: 05年S.ジベルナウ(ホンダ) 1分42秒337

Tags:
MotoGP, 2006

Other updates you may be interested in ›