初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

玉田誠:「今は焦らずに確実に1つ1つ消化して」

玉田誠:「今は焦らずに確実に1つ1つ消化して」

玉田誠:「今は焦らずに確実に1つ1つ消化して」

欧州で初テストとなった玉田誠は、ステップ・バイ・ステップでテストを消化。3日間のオフィシャルテストを終え、「焦らずに確実に1つ1つ消化して、開幕戦を迎えたい」と語った。

2月上旬のフィリップアイランドから今年のテストをスタートさせた玉田は、順調にテストが進んでいることを認め、カタルーニャ・サーキットでもフロントのヘッドパイプからリアサスペンション、フロントタイヤ、リアタイヤのテストと、次々にメニューを消化して行った。

「今は慎重、確実にテストを進めています。ここもタイヤテストを含めて、フィリップアイランドからの継続的なテストをしました。ヤマハは調子がいいですが、この後もテストがあるので、焦らずに、確実に、開幕戦に合わせて行きたい。今回もいろいろ試すことができ、内容の濃いテストで終っています。」

BMW車のMロードスターが賞品となるBMW・M・アワーズは、完全ウェットのコンディションの中でスタート。「お客さんもたくさん来ていて、ドライで走りたかったです。このバイクでまだ雨であまり走っていないので、まだセットアップができていない状態だったので、難しかったです。」

3月10日から始まる開幕スペインGP前、最後のテストに向けては、「レース前の最後のテスト。ロングランも1発出すテストもしなければいけない。最終調整。レースウィークだと思って取り組みたいです。課題もまだまだありますが、今は焦らずに確実に1つ1つ消化して、開幕戦を迎えたいです」と語った。

オフィシャルテスト結果:
FP1‐10番手: 1分44秒721(78ラップ)
FP2‐9番手: 1分44秒246(63ラップ)
FP3‐15番手: 1分46秒612(7ラップ)
QP‐12番手: 2分02秒197(14ラップ)
FP4: 走行なし

Tags:
MotoGP, 2006

Other updates you may be interested in ›