初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

MotoGPオフィシャルテスト2日目:M.パシーニが前哨戦でトップ

MotoGPオフィシャルテスト2日目:M.パシーニが前哨戦でトップ

MotoGPオフィシャルテスト2日目:M.パシーニが前哨戦でトップ

MotoGPオフィシャルテストの2日目、125ccクラス2日目最終日は7日、ヘレス・サーキットで行われた。

プレシーズン最後のテストを制したのは、マティア・パシーニ。03年にダニ・ペドロサが樹立したサーキットベストラップ1分46秒938を上回る1分46秒816を叩き出した。

「今日の結果はすごく嬉しい。だけど、幾つかセッティングに問題があった。特にエンジンだけど、アプリリアは素晴らしい仕事をした。セッション終盤は渋滞していたから、もっと速く走れたかもしれないけど、これで十分だ」と、イタリア人ライダーは振り返った。

初日トップだったルーカス・ペセックも1分46秒台に進出。ホンダからアプリリアに復帰したアルバロ・バウティスタ、昨年ランク2位のミカ・カリオ、初日初めてホンダ勢のトップに立ったアレックス・エスパルガロが続き、小山知良は79ラップを走り、17番手だった。

春の好コンディションの中でセッションは展開されたが、転倒が相次ぎ、合計で11人がクラッシュ。新人ステファン・ブランドルは右手の指を骨折したが、2週間後の開幕戦スペインGPにはデビューする。

Tags:
125cc, 2006

Other updates you may be interested in ›