初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アプリリア、王座奪回へ

アプリリア、王座奪回へ

アプリリア、王座奪回へ

02年以来のチャンピオン奪回を狙うアプリリア勢は、開幕戦スペインGPの舞台で行われたオフィシャルテストで、マティア・パシーニがトップタイムをマークした。

3年連続して最大のライバル、ホンダがチャンピオンを輩出すれば、昨年は参戦3年目のKTMがコンストラクターズ部門を制覇するなど、イタリアンファクトリーはタイトル争いから後退。開幕戦直前のテストでは、パシーニを筆頭にアルバロ・バウティスタ、エクトル・ファウベル、セルジオ・ガデアが好パフォーマンスを披露した。

「125ccクラスのアプリリア勢は22人。このクラスのライダー数は重要です。我々は最善のサポートをするために、どのような問題でも解決できるように、チーフメカニックやライダーを直接支援する10人のメカニックを起用します」と、ピアジオ・グループのレース部門責任者であるジジ・ダリーニャは説明した。

「我々にとって、このクラスは非常に重要です。技術的にも250ccバイクの開発に役立ちます。」

「06年はアプリリアにとって非常に重要な年であり、毎戦優勝争いができるように失った領域を奪回しなければなりません。現在アプリリア勢が証明しているパフォーマンスは、我々を楽観視させてくれます。」

Tags:
125cc, 2006

Other updates you may be interested in ›