初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フォルトゥナ・ホンダ、最終テスト終了

フォルトゥナ・ホンダ、最終テスト終了

フォルトゥナ・ホンダ、最終テスト終了

次世代を代表するヤングライダー2人を起用するフォルトゥナ・ホンダは、1月末から始まった集中的なテストシーズンを終え、2週間後の開幕戦スペインGPを待つばかりとなった。

リザルト的には控え目だったマルコ・メランドリは、「瞬間的に速く走るよりも、バイクを把握する方が大切だ」と、最終日のセッション後に語った。

「厳しい冬だった。新しいバイクは幾つか驚きをもたらし、予想外の問題があったが、チームはいい仕事をした。ホンダと情報交換をしているし、これは重要なこと。まだまだ改善が必要だが、自信がある。」

ヤマハからホンダに乗り換え、最高峰クラス2年目を迎えるトニ・エリアスは、3日間で参加者中2番目となる287ラップを走行。意欲的にタイヤテストを行った。

「シャーシ、サスペンションなど改善する幾つかの点がある。もっとミシュランと一緒に新しいタイヤの仕事をしないと。この冬はたくさんの仕事をこなしたけど、まだ幾つか問題がある。将来に向けて問題を解決するために働き続けなければいけない。」

オフィシャルテストinヘレス・サーキット

M.ミランドリ:
FP1‐12番手:1分42秒106(88ラップ)
FP2‐16番手:1分42秒636(84ラップ)
FP3‐12番手:1分41秒208(83ラップ)

T.エリアス:
FP1‐5番手:1分41秒680(95ラップ)
FP2‐11番手:1分41秒254(91ラップ)
FP3‐8番手:1分40秒732(101ラップ)

Tags:
MotoGP, 2006, Marco Melandri

Other updates you may be interested in ›