初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.プーチ、プレシーズンを評価

A.プーチ、プレシーズンを評価

A.プーチ、プレシーズンを評価

アルベルト・プーチは、最高峰クラスに初挑戦するダニ・ペドロサのプレシーズンを振り返った。

Q:プレシーズンの評価か?
A:満足しています。テストの結果はポジティブで、全ての走行が良かったです。テストを開始した11月からバイクは移行期にあり、エンジニアたちは改良に取り組んできました。現在バイクはよりコンパクトとなり、我々のライダーにより適しています。

Q:2度のオフィシャルテストを終え、ホンダのパフォーマンスは期待していたよりも低かったと言われているが、そのことについては?
A:各チームの状況が異なり、それぞれに意見があります。我々はそのように考えていないと言うことができます。我々にとってこのバイクは戦闘力があり、大きな変更なしに多くの性能を引き出すことができます。重要なのは操縦するライダーのためのバランスです。勝利を挙げたバイクであり、我々のチームはそのポテンシャルに対して大きな信頼があり、好リザルトを獲得できると確信しています。

Q:ヤマハの好パフォーマンスにより、ナーバスにあったのでは?
A:ヤマハは確かに進歩しましたが、ヘレスのテストに注目すると、問題を抱えていました。完璧なバイクなど存在しません。我々は我々の仕事に集中し、他のバイクのことは意識しません。

Q:ダニ・ペドロサの仕事の評価は?
A:クラスへの順応は常に困難ですが、ダニは何をやるべきか仕事を理解し、いい仕事をしました。ナーバスにならず、バイクの機能やタイヤのレスポンスを理解するために集中しました。

Q:大きな期待感から来るプレッシャーについては?
A:プレッシャーはピットボックスの内側より外側にあります。ダニは頭脳的な冷静なライダーであり、重要なこと、つまり開幕戦にベストなコンディションで臨めるように、セッティングに集中することを分かっています。

Q:チャンピオンシップへの期待は?
A:我々のライダーは何ができるかと考えていることを話したくはないです。厳しいシーズンになるでしょうが、期待感と信じている武器を持って立ち向かいます。

Tags:
MotoGP, 2006

Other updates you may be interested in ›