初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

主役たちのコメント

主役たちのコメント

主役たちのコメント

L.カピロッシ(ポールポジション):
「2週間前のテストと同じように、ファンタスティックな週末となっている。レースへの準備ができた。僕たちは速かった。予選タイヤでも速さがあったから、すごく嬉しい。」

S.ジベルナウ(公式予選2位):
「僕たちは適応過程にあるから、慎重さを続けなければ。ドゥカティはファンタスティックな仕事をしているし、今までになく、最高の気分だ。僕の最高のものを発揮したい。」

中野真矢(公式予選3位):
「オイルに乗って転んでしまい、シーズン幸先から悪い感じがしましたが、身体のダメージもなく、自分のミスではなかったので、精神的なダメージはなかったです。2号車だったので、直ぐに乗り換え、攻めることができました。早い時間から勝負をかけるために、中盤にタイムが出たので、その後は落ち着いて走れました。明日は1分41秒台で走れなければ厳しいです。昨年予選5位、決勝5位だったので、同じか、それ以上の成績を狙いたいです。」

玉田誠(公式予選16位):
「テストの時のセッティングに戻したのですが、上手く行かなかったです。これからミーティングをして、明日の朝にもう一度確認します。」

J.ロレンソ(ポールポジション):
「オフィシャルテストのタイムに戻り、シーズン緒戦でポールポジションを獲得した。チームの士気を高め、自信を得るために、いい感じで始めることはとても重要だ。だから、最後は新しいタイヤに履き替えて、全力で出た。とにかく、重要なのはレース。本当の時にここまでのいいフィーリングで走りたい。」

高橋裕紀(公式予選2位):
「ポールは獲れなかったですが、いい感じで周回を重ねることができました。テストから新しいフィーリングが見つかり、昨日は転んでしまいましたが、悪い流れを取り消すことができました。痛めに左踵はバイクに乗る分には問題ないです。セッティングのベースが決まっているので、明日は変更なしで行きます。昨年みたいなへまをしないように、初優勝を狙います。」

H.バルベラ(公式予選3位):
「ポールの座を維持できなかったけど、1列目からのスタートはいい結果だ。もう少し速く走れただろうけど、転んでしまったことが影響し、タイムロスして、リズムを少し失ってしまった。」 青山周平(公式予選4位):
「良くないです。タイム的にも、出し方にも、組み立てにも、流れにも全てが良くなかったです。内容が良ければ、嬉しいのですが、そういう内容ではなかったです。今日は自分が不足しているところが分かりました。未熟です。この後に知らないサーキットが続くので、ここで流れを掴みたい。表彰台を狙います。」

青山博一(公式予選7位):
「KTMとして、2列目は上々です。朝に問題が出て、セッションが無駄にしてしまい、ロングランができませんでしたので、決勝に向けての感触はないです。最低でも、この順位より前でフィニッシュしたいですが、どうような展開となるか予想ができません。」

M.パシーニ(ポールポジション):
「ポールポジションが獲得できて嬉しいけど、もし最後に渋滞がなければ、もっと速く走れることができた。ビックな仕事ができ、レースに反映したい。チームの努力に感謝したい。」

A.バウティスタ(公式予選2位):
「2番手になれて嬉しい。だけど、ポールまでもう少しだったから悔しい気持ちもある。タイムを見ると、すごく接近している。レースはグループで、接戦となるだろう。シーズンの開幕に好リザルトを獲得したい。」

L.ペセック(公式予選3位):
「ポールポジションの座を失ってしまった。気に入らないけど、1列目を獲得できたことに満足しないといけないだろう。マティア・パシーニのフェアプレーに少し後味が悪い。僕のベストラップを台無しにしたし、2人一緒に転びそうになった。」

Tags:
MotoGP, 2006, GRAN PREMIO betandwin.com DE ESPAÑA, QP

Other updates you may be interested in ›