初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

エリアス、ロッシに謝罪

エリアス、ロッシに謝罪

エリアス、ロッシに謝罪

トニ・エリアスは、チェッカーフラッグを受けた直後にバレンティーノ・ロッシに近づき、謝罪した。

決勝レース日に23歳の誕生日を迎えたスペイン人ライダーは、最高峰クラスで最高位タイとなる6番グリッドからスタートしたが、オープニングラップの1コーナーで、前を走るロッシ車の後輪と接触。エリアスは13番手まで後退すると、6年連続の開幕戦連勝を狙うロッシは転倒を喫した。

「すごくタフなレースだったけど、僕のキャリアの中でベストレースの1つだ。バレンティーノには申し訳ない。みんなが一緒にスタートし、ストレートエンドで僕と中野は一緒に入った。イン側を占めなければいけないので、そうしようとしたら、バレンティーノとぶつかってしまった。」

「レースでは起こることだけど、彼に謝った。」

エリアスは、ロッシ転倒劇の主役となっただけでなく、スペクタクロな巻き返しで、最高峰クラスでは最高位となる4位を獲得した。

「リズムを取り戻してから、ポジションを挽回することができた。あれだけ頑張ったのに、表彰台が獲得できなかったのは残念だけど、喜ばないといけないね。ファンはレースを楽しんだと思うし、応援してくれた世界最高の彼らに感謝したい。」

Tags:
MotoGP, 2006, GRAN PREMIO betandwin.com DE ESPAÑA, Toni Elias, Valentino Rossi

Other updates you may be interested in ›