初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

T.ルティ、失望の0ポイントスタート

T.ルティ、失望の0ポイントスタート

T.ルティ、失望の0ポイントスタート

ゼッケン1のステッカーを貼って登場したトーマス・ルティにとって、タイトル防衛に挑戦する06年シーズンの緒戦は、失望の結果に終わってしまった。

3週間前のカタルーニャ・サーキットで開催されたオフィシャルテスト2日目に転倒を喫し、鎖骨を骨折した05年王者は、開幕戦スペインGPに出場するために手術を回避。懸命なリハビリを続けたが、理想的な体調からはほど遠く、決勝レース直前のウォームアップ走行では走行をキャンセル。丹念にマッサージと治療を受けていた。

「今年のデビュー戦は本当に酷かった。肩にはテーピングを巻き、痛み止めの注射を打って、レースに臨んだ」と、振り返ったスイス人ライダーは、17番グリッドからスタートしたが、16番手を走行中の13ラップ目に転倒リタイヤした。

「スタートからバイクは全く走らなかった。オープニングラップで23番手まで後退。引っ掛かったグループの前に出たけど、バンプーでバランスを崩して転んでしまった。」

Tags:
125cc, 2006, GRAN PREMIO betandwin.com DE ESPAÑA, Thomas Luthi, Thomas Lüthi

Other updates you may be interested in ›