初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.パシーニ、リスクを冒さず

M.パシーニ、リスクを冒さず

M.パシーニ、リスクを冒さず

マティア・パシーニは、4人による3位争いを制し、緒戦で表彰台を獲得した。

昨年ランク4位のイタリア人ライダーは、ポールポジションからスタートミスで8番手に後退。KTM勢のミカ・カリオとフィリアン・シモン、チームメイトのエクトル・ファウベルとのバトルを繰り広げた。「スタートを間違えた。このミスで前半の代償を払い、ポジションを挽回するのにすごく苦労した。」

残り9ラップでグループ内トップとなる3位に浮上すると、最後までポジションをキープした。「当然、リスクを負って、リズムを早めれば、勝てたかもしれないけど、序盤でタイムロスしてしまい、表彰台のためにリスクを冒すことは不必要だ。昨年はたくさんのミスを犯したが、今年は常に安定した走りがしたい。」

Tags:
125cc, 2006, GRAN PREMIO betandwin.com DE ESPAÑA

Other updates you may be interested in ›