初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.ウエスト、無念のリタイヤ

A.ウエスト、無念のリタイヤ

A.ウエスト、無念のリタイヤ

アンソニー・ウエストは、メカニカルトラブルで緒戦をリタイヤした。

6番グリッドからマルコ・シモンセリ、ロベルト・ロカテリ、青山博一とバトルを繰り広げたオーストラリア人ライダーだったが、7位走行中の残り4ラップにピットボックスへの帰還を強いられた。

「メインストレートを走行中に点火プラグに問題が発生した。何も警告を感じなかったし、エンジンのレアクションが遅かったけど、ファクトリーエンジンではないから、ノーマルなことだと考えた。もう数周で完走でき、いいポイントを獲得できただけに、レースからの離脱は残念だ。」

「青山、ロカテリ、シモンセリとのバトルでタイムロスしてしまった。彼らはスピードがあり、ストレートで抜かれてしまったけど、低・中速ゾーンでは僕の方が高いコントロール性があった。彼らの前に出られて、数メートルを稼げたけど、フロントタイヤのパフォーマンスが低下した。序盤にフルタンクの状態でプッシュしたから、早く消耗してしまったようだ。」

「ファクトリーのライダーよりも時速10キロは遅かったけど、僕はプライベートチームに所属している。もっと上位で走るために、ポテンシャルのあるエンジンや優れたサスペンションを搭載したバイクで走りたい。」

Tags:
250cc, 2006, GRAN PREMIO betandwin.com DE ESPAÑA, Anthony West

Other updates you may be interested in ›