初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.カリオ、納得できない4位フィニッシュ

M.カリオ、納得できない4位フィニッシュ

M.カリオ、納得できない4位フィニッシュ

タイトルを獲得するために125ccクラスに再挑戦することを決意したミカ・カリオの緒戦は4位。納得の行かない結果だったことを認めた。

タイトル争いのライバルとなるマティア・パシーニと3位表彰台争いを繰り広げたが、最後まで前に出ることができなかった。「チャンピオンシップの好ポイントを稼いだけど、満足できない。表彰台を獲得するために、タフなバトルをしたけど、パシーニは全てのスペースを巧みに閉じた。最終ラップはフィリアン・シモンとパシーニを抜くために戦ったけど、可能じゃなかった。」

「2日目よりも気温が少し低かったから、メディアムタイヤをチョイスけど、もう少し硬いタイヤを選択することがベストだった。終盤、グリップが十分でなかった。」

Tags:
MotoGP, 2006, GRAN PREMIO betandwin.com DE ESPAÑA

Other updates you may be interested in ›