初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

マラグーティ・アジョ、厳しいシーズンスタート

マラグーティ・アジョ、厳しいシーズンスタート

マラグーティ・アジョ、厳しいシーズンスタート

アジョ・モータースポーツ&マラグーティのコラボレーションの緒戦は、厳しいスタートとなったが、小山知良が待望のポイントをもたらした。

小山知良は2日目のフリー走行2で左足首を2ヶ所骨折。治療に専念するために公式予選2をキャンセルすれば、アレックス・マスボーはその公式予選2で右足を骨折。決勝レースのスタートを断念した。

「小山は決して万全なコンディションではありませんでした。クリニカ・モバイルの医師団は回復までに25日間、約1ヶ月は必要と説明しました」と、チームマネージャーのアキ・アジョは説明した。

「我々の2人のライダーが負傷しましたが、大変満足の行く週末となりました。小山は走ることを決意し、我々は彼に感謝しなければいけません。既に勇敢なライダーであることを証明しましたが、私にとって彼は、チャンピオンシップで最も魅力的な3~4人のライダーの1人です。次のカタールではまだ100%ではありませんが、全力で戦ってくれるでしょう。」

Tags:
125cc, 2006, GRAN PREMIO betandwin.com DE ESPAÑA

Other updates you may be interested in ›