初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

スペイン艦隊、中東に上陸

スペイン艦隊、中東に上陸

スペイン艦隊、中東に上陸

開幕戦覇者のアルバロ・バウティスタは、過去2戦連続して写真判定となったロサイル・インターナショナル・サーキットにポイントリーダーとして初めてグランプリを迎える。

独走Vを果たしたスペイン人ライダーは、昨年のカタールGP決勝レースでは、22位とポイント圏内から遠いポジションで走っていたが、初開催となった04年には今年と同じくアプリリアを駆けて、3位表彰台を獲得。開幕戦トップ10に6人が進出する『スペイン艦隊』のリーダーとして、砂漠の舞台に乗り込む。

昨年、タイトル争いのキーポイントとなった決勝レース。公式予選から圧倒的な速さを見せたKTM勢は、0.017秒差で2位となったミカ・カリオとレース中盤までチームメイトのサポート役に徹したフリアン・シモンが引き続きオーストリアンファクトリーで上位進出を狙うが、勝者ガボール・タルマクシは、ホンダに乗り換えての2戦目に挑む。

開幕戦で好パフォーマンスを披露したルーカス・ペセックは、ホルヘ・ロレンソが中東初開催勝利以来となる表彰台をデルビにもたらした。

開幕戦は負傷により欠場したミケール・ピロは復帰するが、開幕戦2日目に負傷したマラグーティ・アジョの両雄、小山知良とアレックス・マスボーは強行参戦。まだ、鎖骨骨折が完治していない王者トーマス・ルティも初ポイントを狙う。

Tags:
125cc, 2006, COMMERCIALBANK GRAND PRIX OF QATAR

Other updates you may be interested in ›