初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

負傷に耐える125ccライダーたち

負傷に耐える125ccライダーたち

負傷に耐える125ccライダーたち

4人のライダーたちにとって、第2戦カタールGPは猛暑ではなく、負傷に耐えながらのグランプリとなっている。

王者トーマス・ルティは、開幕3週間前のオフィシャルテストで左鎖骨を骨折。2年目のミケール・ピロは2週間前のテストで右足首を骨折と脱臼。マラグーティ・アジョ・コルセの小山知良は開幕戦の2日目に左足首を骨折。同僚アレックス・マスボーも同日に右足を骨折した。

4人は100%の状態にほど遠いが、ポイント獲得を目指して公式予選1に出場した。

Tags:
125cc, 2006, COMMERCIALBANK GRAND PRIX OF QATAR

Other updates you may be interested in ›