初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

好調A.バウティスタ、トップキープ

好調A.バウティスタ、トップキープ

好調A.バウティスタ、トップキープ

第2戦カタールGPのフリー走行1は6日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、開幕戦勝者のアルバロ・バウティスタが好調を維持。トップタイムをマークした。

気温25度、路面温度30度のドライコンディションの中、マステル‐MVA・アスパル・チーム勢が上位に進出。トップのバウティスタを筆頭に、セルジオ・ガデアが2番手、マティア・パシーニが5番手、エクトル・ファウベルが6番手に並ぶ。

開幕戦で自己最高位となる2位を奪取したルーカス・ペセックは3番手。昨年の勝者ガボール・タルマクシは4番手。05年王者のトーマス・ルティとランク2位だったミカ・カリオはそれぞれ10番手、11番手だった。

左足首を骨折している小山知良は12周を走り、トップから4.658秒差の2分14秒304をマークして29番手だった。

Tags:
125cc, 2006, COMMERCIALBANK GRAND PRIX OF QATAR, FP1

Other updates you may be interested in ›