初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

H.バルベラ、初日制す

H.バルベラ、初日制す

H.バルベラ、初日制す

第2戦カタールGPの公式予選1は6日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、エクトル・バルベラが暫定ポールポジションを奪取した。

気温28度、路面温度41度のドライコンディションの中、セッション終盤に2ラップ連続のベストラップをマークしたバルベラは、昨年ホルヘ・ロレンソが樹立したベストポールを0.073秒更新する2分02秒081を刻み、2戦連続して暫定トップグリップを確保した。

ロレンソとアレックス・デ・アンジェリスが2番手と3番。ホンダの乗り換えたセバスチャン・ポルトが最後のタイムアタックでロベルト・ロカテリを交わして4番手に浮上し、アプリリア勢の暫定1列目独占を阻止した。

KTMの青山博一は、アンドレア・ドビツィオーソとヤコブ・シュムルツに次ぐ8番手。開幕戦で4位だった高橋裕紀は9番手。未知のコースに挑戦する青山周平は、マルコ・シモンセリに次いで11番手だった。

Tags:
250cc, 2006, COMMERCIALBANK GRAND PRIX OF QATAR, QP1

Other updates you may be interested in ›