初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

MotoGPライダーの体調管理

MotoGPライダーの体調管理

MotoGPライダーの体調管理

過去2年間は猛暑の中で開催されたカタールGP。今年は開催が10月から4月に移り、初日は気温27度のコンディションの中で行われた。

リスズ・スズキの物理療法士、ディーン・ミラーは、「少なくても初日はあまり暑くありませんが、我々の体調管理計画に変更はありません。重要なのは水分補給と十分な睡眠です」と健康管理について説明した。

「我々のライダーたちが可能な限り万全な体調を維持できるように細心の注意を払っています。きちっとした食事や睡眠時にエアコンを消すことなどもコントロールします。忘れてはいけないのは、彼らは世界最高のライダーです。最善な方法で彼らに対応しなければいけません。」

「他のスポーツ選手との一番の違いは、毎週舞台が変更することです。これはタフなことで、例えばジェットラグの影響も受けます。」

Tags:
MotoGP, 2006, COMMERCIALBANK GRAND PRIX OF QATAR

Other updates you may be interested in ›