Tickets purchase
VideoPass purchase

C.ストーナーがベテラン勢を抑えてトップ

C.ストーナーがベテラン勢を抑えてトップ

C.ストーナーがベテラン勢を抑えてトップ

第2戦カタールGPのフリー走行1は6日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、ケーシー・ストーナーがベテラン勢を抑えて、トップに立った。

気温25度、路面温度34度のドライコンディションの中、肩の負傷によりプレシーズンに走り込みができなかった20歳のオーストラリア人ライダーは、昨年ニッキー・ヘイデンが樹立したサーキットレコードを上回る1分57秒555をマークした。

セッション開始から上位に位置したキャメル・ヤマハの両雄、バレンティーノ・ロッシとコーリン・エドワーズもサーキットレコードを更新。2番手、3番手につければ、開幕戦の覇者ロリス・カピロッシ、昨年表彰台を獲得したヘイデンとマルコ・メランドリが続いた。

ルーキーのダニ・ペドロサは最多の23周を走って9番手。中野真矢は10番手。セテ・ジベルナウは12番手。玉田誠は18番手だった。

Tags:
MotoGP, 2006, COMMERCIALBANK GRAND PRIX OF QATAR, FP1

Other updates you may be interested in ›