初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

主役たちのコメント

主役たちのコメント

主役たちのコメント

C.ストーナー(公式予選1位):
「2年前、MotoGPクラスに参戦するも、この結果も想像していなかった。チームは素晴らしい仕事をし、僕たちは素晴らしいセッティングを準備した。いいセッションだった。」

L.カピロッシ(公式予選2位):
「昨年はポールだったけど、あまり上手く行かなかった。最終ラップにとても満足している。2番グリッドだけど、すごく戦闘的だと感じる。明日、好リザルトを獲得できることを期待する。」

T.エリアス(公式予選3位):
「とても重要なリザルトだ。難しいコースだから。でも、僕たちはミシュランと一緒にいい仕事をして、MotoGPで初めて1列目を確保することができた。いいスタートをしないといけないけど、厳しいレースになるだろう。」

N.ヘイデン(公式予選4位):
「少し欲求不満。もう少しだったけど、すごく遠い。予選での0.1秒はすごく大きいから。だけど、早くレースがしたい。楽しくなるだろう。ミシュランの予選タイヤは僕のバイクを大きく助けてくれた。トラクションの問題があるけど、予選タイヤで0.1秒差に詰まった。」

D.ペドロサ(公式予選5位):
「ヘレスと同じグリッド。その時はよく知っているサーキットだったし、3日間のテストもしたから、悪くない順位だったけど、ここはこのバイクで初めてだから、すごくいい。レースに向けていい感じだ。重要なのはいいスタートをして、いいポジションで1コーナーに入ることだ。」

V.ロッシ(公式予選6位):
「問題なのは、グリップが欲しい時にチャタリングが増すこと。だから、バイクの全ポテンシャルを使うことができない。リズムは悪くない。ストーナーを祝福したい。驚いたよ。」

Tags:
MotoGP, 2006, COMMERCIALBANK GRAND PRIX OF QATAR

Other updates you may be interested in ›