Tickets purchase
VideoPass purchase

C.ストーナー、再びトップタイム

C.ストーナー、再びトップタイム

C.ストーナー、再びトップタイム

第2戦カタールGPのフリー走行3は7日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマークした。

気温30度、路面温度38度のドライコンディションの中、初日午前中のフリー走行1でトップだったストーナーは、昨年ロリス・カピロッシが樹立したベストポールを0.588秒上回る1分56秒329をマーク。2番手のコーリン・エドワーズに0.533秒差をつけた。

初日は6番手だったバレンティーノ・ロッシも1分57秒台を突破。トニ・エリアス、ダニ・ペドロサ、ケニー・ロバーツ・ジュニア、セテ・ジベルナウ、マルコ・メランドリ、ニッキー・ヘイデン、カピロッシが続いた。

日本勢は中野真矢が21周を走り、トップから2.325秒差の14番手。玉田誠は22周を走り、3.212秒差の16番手だった。

Tags:
MotoGP, 2006, COMMERCIALBANK GRAND PRIX OF QATAR, FP3

Other updates you may be interested in ›