Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ロレンソ、開幕から連勝

J.ロレンソ、開幕から連勝

J.ロレンソ、開幕から連勝

第2戦カタールGPの決勝レースは8日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、ホルヘ・ロレンソが開幕から2戦連続のポール・トゥ・ウインを決めた。

気温26度、路面温度44度のドライコンディションの中、スペイン人ライダーとアンドレア・ドビツィオーソは、同タイム写真判定にもつれこんだ04年125ccクラスのレースを再現するように、一騎打ちを展開。最後はロレンソが0.077秒差で抑え込んだ。

02年第14戦マレーシアGP以来となる1列目からスタートしたロベルト・ロカテリは、ホールショットを獲得。しかし、2ラップ目にコースアウトを喫して21位まで後退したが、スペクタクロなポジション奪取を見せ、最終ラップには、エクトル・バルベラとの3位争いを0.034秒差で制した。

KTM2戦目の青山博一は中盤から単独走行で5位。シルヴァン・ギュントーリ、セバスチャン・ポルト、マルコ・シモンセリ、高橋裕紀、ヤコブ・チュムルツがトップ10入り。16番グリッドからスタートした青山周平は13位で初ポイントを奪取した。

チャンピオンシップは、2連勝のロレンソが50ポイントでトップ。36ポイントのドビツィオーソ、25ポイントのロカテリが続き、青山博一は21ポイントで5位、高橋は20ポイントで7位、青山周平は3ポイントで17位につける。

Tags:
250cc, 2006, COMMERCIALBANK GRAND PRIX OF QATAR, RAC

Other updates you may be interested in ›