初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティ・マールボロ、砂漠テストに手応え

ドゥカティ・マールボロ、砂漠テストに手応え

ドゥカティ・マールボロ、砂漠テストに手応え

ドゥカティ・マールボロは、第2戦カタールGPが開催されたロサイル・インターナショナル・サーキットに延滞。MotoGP合同テストに参加した。

3位を獲得して、ポイントランク1位をキープしたロリス・カピロッシは、手応えを得て、ドーハを離れた。「いいテストができた。エンジンマッピングのテストとセッティングに取り組み、次戦に向けて効果的な進歩があった。」

「ブリヂストンと一緒に幾つかのタイヤをテストし、このサーキットにようにグリップが少ない状況に適したタイヤを開発するための有効なデータを収集した。決勝で使用したタイヤも良かったけど、これで満足してはダメだ。僕たちは現在好調。より戦闘的であり続けるために全ての可能性を尽くして行く。」

セテ・ジベルナウは、4位でフィニッシュ。これから調子を上げて行くことに自信を示した。「今日はとても良かった。レース中に出たフロントのチャタリングの解決とストレートでの安定感を増すために働いた。」

「バイクは良くなった。トルコのようにテストをしていないサーキットに対しての有効的なテストとなった。ブリヂストンとの共同作業を続け、レースよりもいいリズムを維持して走れた。フィーリングが良くなっている。大満足だ。」

Tags:
MotoGP, 2006, COMMERCIALBANK GRAND PRIX OF QATAR

Other updates you may be interested in ›