初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ヤマハ、ラグナセカへの支援を継続

ヤマハ、ラグナセカへの支援を継続

ヤマハ、ラグナセカへの支援を継続

ヤマハ発動機とマツダ・レースウェイ・ラグナセカは、パートナーシップを2010年まで延長することを合意した。

ヤマハは2年前にサーキットの改修工事のための資金援助を行い、昨年11年ぶりにアメリカGPが開催。今回の合意により、より安全なサーキットに向けての改修工事とファンがグランプリを満喫するためのサービス面の充実が図られることとなった。

ヤマハの広報マネージャーを務めるボブ・スター氏は、「昨年の成功の後、サーキットとの関係を継続する機会に疑いはありませんでした。次回の投資は、ライダーの安全面、そしてファンがグランプリを最大限に楽しむことを保障するためのものです」と説明した。

サーキットのジェネラルマネージャーであるジル・キャンベル氏は、ヤマハとの合意を大歓迎した。「このプロジェクトにおいて、ヤマハの支援なしにはアメリカGPを開催する可能性はありませんでした。2010年までの支援は、将来のMotoGP開催を許すものであり、チャンピオンシップにおいてベストな施設を提供できることだと理解します。」

Tags:
MotoGP, 2006

Other updates you may be interested in ›