初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.カンペテーラ:「シーズン序盤はあまり輝かしくないです」

C.カンペテーラ:「シーズン序盤はあまり輝かしくないです」

C.カンペテーラ:「シーズン序盤はあまり輝かしくないです」

ティチーノ・ホスティング・カンペテーラ・レーシングのチームオーナー、カルロ・カンペテーラは、シーズン序盤を評価。「シーズン序盤はあまり輝かしくないです」と心境を語った。

プライベート部門のトップ争いを期待していた関口太郎は、開幕戦スペインGPの初日に股関節付近の右大腿骨を骨折。第2戦カタールGPでは急遽起用したアンドレア・バレリーニが12位でフィニッシュを決め、第3戦トルコGPへの継続参戦を決めれば、チャズ・デェビスは13位、17位と厳しいレースが続いた。

「250ccチームのシーズン序盤はあまり輝かしくないです。不運にも2年連続して、タロウがヘレスで重症を負い、数戦に欠場してしまうこととなった。昨シーズンのことを振り払おうと気持ちが高まり、2度のオフィシャルテストでは好パフォーマンスを見せてくれ、ビックシーズンになるだろうと我々は期待していました。1日も早く復帰できることを祈っています」と、カンペテーラは話した。

「チャズについては、セッティングとフィーリングを改善しなければいけません。」

初挑戦する軽量級については、2人のイタリア人ライダーに大きな期待を寄せている。「125ccクラスにデビューする06年は我々にとって重要です。クラス2年目のアンドレア・イアンノーネは、好リザルトを獲得できる力を証明しました。シモーネ・グロティスキにとってはデビューシーズン。レース毎に成長することを確信します。」

Tags:
250cc, 2006, Campetella Racing

Other updates you may be interested in ›