初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レプソル・ホンダ勢、トップ奪取へ

レプソル・ホンダ勢、トップ奪取へ

レプソル・ホンダ勢、トップ奪取へ

チーム部門トップのレプソル・ホンダ勢、ランク2位のニッキー・ヘイデンとランク3位のダニ・ペドロサは、ポイントリーダーのロリス・カピロッシにプレッシャーをかけ、その座を狙う。

得意の左回りサーキットで2度目の優勝を目指す24歳のアメリカ人ライダーは、「トルコは他のコースとは違う。全ての準備を整えないと。ハードブレーキゾーンや高速コーナーがあり、サスペンションを上手く調整しなければいけない」と語った。

昨年はタイトルを獲得した後の同グランプリで、表彰台2位だった20歳のスペイン人ライダーは、「1コーナーで混乱があり、特にスタートが難しかったレースだと憶えている。サーキットは登り下りの組み合わせで、路面状態は良かった。コース幅もあり、グリップがある。F1用のレイアウトだけど、バイクも悪くない」と、昨年完成したイスタンブールパークを評価した。

「RC211Vで初めて走るコースだから、いつものように早くコースを理解して、セッティングを決めなければいけない。」

Tags:
MotoGP, 2006, GRAND PRIX OF TURKEY, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›