初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

主役たちのコメント

主役たちのコメント

主役たちのコメント

N.ヘイデン(初日総合1位):
「いいリズムがある。でも、まだ上位で優勝争いができると言うのは早い。週末の展開を見てみよう。明日から天候が崩れそうだ。」

C.ストーナー(初日総合2位):
「カタールの後で、どうなるか分からなかった。バンプーを踏んでしまい、フロントのコントロールを失って転んでしまったけど、大満足。大きな問題ではない。」

D.ペドロサ(初日総合4位):
「午前中は電気系統の問題があったけど、午後に良くなった。コースでは幾つもミスをしてしまった。」

T.エリアス(初日総合5位):
「大満足。もしかしたら、チャンピオンシップで最高の初日だったかもしれない。モチベーションが高まる。いい仕事をしたし、リズムもいい。」

L.カピロッシ(初日総合7位):
「ここのコースを初めて走れたから嬉しい。チーム、エンジニアが昨年の全データを提供してくれた。」

S.ジベルナウ(初日総合9位):
「悪くなかった。みんな似たようなタイムで走っていた。0.5秒以内だ。いいバランスを見つけようと仕事に取り組んでいる。幾つかのセクションは速いけど、ハードブレーキゾーンでタイムロスしてしまう。」

中野真矢(初日総合13位):
「カタールと同じような問題があり、コーナーのスピードが上がらず、タイムロスしてしまう。リアタイヤのトラクションが見つけることができないようだ。」

Tags:
MotoGP, 2006, GRAND PRIX OF TURKEY

Other updates you may be interested in ›