初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

雨が降り始めた2日目のセッション

雨が降り始めた2日目のセッション

雨が降り始めた2日目のセッション

シリーズ第3戦トルコGPのフリー走行2は29日、イスタンブールパークで行われ、セルジオ・ガデアがトップタイムをマークした。

気温12度。路面温度10度。セッション開始の9時ごろから雨が降り始め、ドライからウェットに変わるコンディションの中、初日の公式予選1で転倒を喫したスパニッシュライダーが、暫定9位のジョアン・オリベに0.133秒差をつけて、セッションを制した。

暫定ポールポジションのアルバロ・バウティスタは3番手。スペイン勢がトップ3を独占すれば、ミカ・カリオ、ロレンソ・サネティ、ファブリツィオ・ライ、アンヘル・ロドリゲス、シモーネ・コルシ、マイク・ディ・メッリオが続いた。

昨年初開催されたグランプリで3位表彰台を獲得した小山知良は10周を走り、トップから1.634秒差の10番手。王者トーマス・ルティは19番手だった。

Tags:
125cc, 2006, GRAND PRIX OF TURKEY, FP2

Other updates you may be interested in ›