初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

KTM、250ccクラスで初優勝

KTM、250ccクラスで初優勝

KTM、250ccクラスで初優勝

KTMは、250ccクラス参戦8戦目で初優勝を達成した。

オーストリアンファクトリーは、マヌエル・ポジアーリと青山博一の2人体制で中量級参戦2年目をスタート。ホンダからKTMの乗り換えた24歳の青山は、開幕戦から次々にKTMのベストリザルトを更新し、著しい早さで開発が進んでいることを証明。そして、第3戦トルコGPでは最終ラップまでもつれ込んだ6人の優勝争いを制した。

「今回はハードでスリリングなレースでした。最後まで全力でプッシュし、最終ラップに一度抜かれてしまいましたが、勝てました。KTMの3回目のレースで、ここまで来ました。嬉しいです。ハラルド・バートルに、チーフメカニックのアルフレッド・ビレケ、そしてチーム全員に感謝したいです。」

プロジェクトリーダーのバートルは、「今回投入した新型バイクで勝てる可能性があることは分かっていました。ヒロシは勝つために十分なポテンシャルがあることを言ってくれ、この結果をもたらすために、とてもインテリジェンスなレース運びをしました。」

2005年
A.ウエスト
第9戦イギリスGP:15位(予選)‐2位(決勝レース)
第10戦ドイツGP:12位‐10位
第11戦チェコGP:23位‐12位
第12戦日本GP:14位‐転倒リタイヤ
第13戦マレーシアGP:17位‐マシントラブリリタイヤ

2006年
青山博一
開幕戦スペインGP:7位‐6位
第2戦カタールGP:8位‐5位
第3戦トルコGP:6位‐優勝

M.ポジアーリ
開幕戦スペインGP:18位‐11位
第2戦カタールGP:9位‐14位
第3戦トルコGP:18位‐15位

Tags:
250cc, 2006, GRAND PRIX OF TURKEY, Hiroshi Aoyama

Other updates you may be interested in ›