初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

N.ヘイデン、初のポイントリーダーに

N.ヘイデン、初のポイントリーダーに

N.ヘイデン、初のポイントリーダーに

ニッキー・ヘイデンは、第3戦トルコGPで開幕から3戦連続の表彰台を獲得。通算50戦目で初のポイントリーダーに飛び出した。

2番グリッドからスタートした24歳のアメリカ人ライダーは、ホンダ勢の同僚と優勝争いを繰り広げ、昨年の第14戦カタールGPから7戦連続のトップ3入りを果たす快走を見せた。

「素晴らしいレースだった。みんながアグレッシブに走り、馬鹿げたことをせずに、ポジション争いを繰り広げた。だから、このレースを思いっきり楽しむことができた。スタートに小さな問題があった。タイヤカバーが熱でフロントブレーキのディスクに張り付いてしまった。ウォームアップでピットに戻ろうと考えたけど、ブレーキの状態は良くなって行ったから、そのままスタートすることにした。」

「チームは素晴らしい仕事をした。ミシュランタイヤは良く走った。表彰台を連続で登れていること、ポイントリーダーになったことに大満足。だけど、まだ序盤3戦だけ。喜びに飛び上がることはない。これからも一生懸命に働き続け、集中力を維持しないと。タイトル争いがしたいならば、勝たなければ。」

Tags:
MotoGP, 2006, GRAND PRIX OF TURKEY, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›