初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レッドブルMotoGPアカデミー、好発進

レッドブルMotoGPアカデミー、好発進

レッドブルMotoGPアカデミー、好発進

レッドブルMotoGPアカデミーのヤングライダーたちは7日、CEVスペイン選手権125ccクラス開幕戦に参戦。ケブ・コグランが2位を獲得した。

世界中のティーエイジャーたちにとって、世界舞台への登竜門に位置づけられる同クラスには、地元スペインを始め、イタリア、イギリス、ドイツ、オーストラリア、オランダ、ポルトガル、日本と世界8ヶ国から49人がエントリー。予選を突破した36人が決勝レースに挑んだ。

昨年途中からMotoGPアカデミーに加わったコグランは、初のポールポジションから自己最高位となる2位を奪取。昨年から継続参加するダニエル・ウェッブは6位。海外レース初挑戦となった中上貴晶は8位だった。

「6位で最終ラップを迎えたけど、自分のミスでポジションを落としてしまい、悔しいです。一戦一戦を大切にして行きます」と、全日本よりハードなレース展開を体験した中上は、今週14日に全日本筑波大会に参戦するため、日本にとんぼ返りした。

昨年までミニバイクレースに参戦していたドイツ人ジョナス・フォルガーは12位。イギリス人スコット・リーディングは途中リタイヤ。スペイン人イサック・ビニャレスは年齢制限のために、デビュー戦は次戦に見送られた。

6人のヤングライダーたちは、6月11日にヘレス・サーキットで開催される第2戦の準備のため、今月末にテストを実施する。

Tags:
2006

Other updates you may be interested in ›