Tickets purchase
VideoPass purchase

L.モンティロン、序盤3戦を評価

L.モンティロン、序盤3戦を評価

L.モンティロン、序盤3戦を評価

コニカミノルタ・ホンダのチームマネージャー、ルカ・モンティロンは第3戦トルコGP終了後、序盤3戦を評価。玉田誠が早い時期にパフォーマンスを取り戻すことを期待していることを語った。

Q:グランプリの後にイスタンブールに延滞してテストを実施したことは、ポジティブな決定だったか? A:テストは非常に重要でした。チームスタッフとマコトにとっては、ミシュランが準備した新しいタイヤを理解するチャンスでした。レースのベストタイムより、1.6秒ほど短縮。これは我々のライダーにとって精神的に重要となります。

Q:ここまでのリザルトは期待を下回っているのでは? A:確かにシーズン序盤は期待を下回っていますが、我々のプロジェクトに対して疑問を抱くことはありません。我々を信じ、目標を見失いません。反対に目標が達成できることをここで証明しなければいけません。

Q:序盤の成績により、マコトとの関係がぎくしゃくしたことはあるか? A:彼とは4年間二人三脚で働き、常にオープンで、ざっくばらんな関係です。従って彼とは率直に話し合うことができます。また、この関係のおかげで、彼をサポートし、モチベーションを高めることに役立っています。

Q:マコトとの信頼関係は全く変わりないと言うことか? A:コニカミノルタ・ホンダの全スタッフは、冬のハードワーク後、マコトを全力でサポートするために結束しています。チームの基本であるチームスピリッツでこの状況を脱出し、早く結果が出るようにマコトに必要な支援を提供します。

Q:今後の期待は? A:トルコではカタールよりも、週末のスタートは良かったです。金曜と月曜にはリアクションを起こし、状況が改善していると考えます。ミシュランのサポートと共に、マコトのいつものパフォーマンスが取り戻せることを期待しています。2年連続して支援を受けるコニカミノルタの信頼に応えたいです。

Tags:
MotoGP, 2006, GRAND PRIX OF TURKEY

Other updates you may be interested in ›