初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

プレビュー:戦いの舞台は上海へ

プレビュー:戦いの舞台は上海へ

プレビュー:戦いの舞台は上海へ

シリーズ第4戦中国GPは今週末、世界最高のサーキットの1つとして称される上海国際サーキットで開催される。

前戦トルコGPで通算50戦目を迎えたニッキー・ヘイデンは、開幕から3戦連続して表彰台を獲得。覇権奪回を目指すホンダ勢のエース格として、安定したパフォーマンスを見せ、初めてポイントリーダーとして登場する。

1ポイント差でトップを追うのはロリス・カピロッシ。前戦では最高峰クラスで史上11人目となるポイント奪取通算100戦目の偉業を達成した。同胞マルコ・メランドリは前戦で今季初優勝を飾り、ランク3位に浮上。昨年初開催となった同グランプリではレインコンディションの中、ホンダ勢トップの3位表彰台を獲得している。

最高峰クラスにデビューしたばかりのケーシー・ストーナーは、負傷した肩を手術したために冬のテストで走り込みができなかったが、開幕戦6位、第2戦カタールGP5位、そして前戦では最終ラップまで優勝争いを展開するなど、ポテンシャルの高さを証明。昨年250ccクラスで優勝した舞台で初旋風を狙う。

最高峰クラス参戦100戦目でスペクタクロなポジション奪取を見せたバレンティーノ・ロッシは、昨年のレインレースを制覇。歴史に名を刻んだ昨年の再現を目指す。

開幕前からポテンシャルを発揮できず、厳しい状況にある玉田誠だったが、イスタンブールパークに延滞して実施したミシュランテストでは、決勝レース中にマークしたベストタイムを大きく更新。好材料を持って、隣国・中国に乗り込む。

昨年は土砂降りの雨に見舞われた決勝レース。現在の天気予報では始めの2日間は雨が降る可能性が高いが、日曜の決勝レースでは晴れが予想されている。

Tags:
MotoGP, 2006, POLINI GRAND PRIX OF CHINA

Other updates you may be interested in ›