初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

H.バルベラ初PP&青山周平3番手

H.バルベラ初PP&青山周平3番手

H.バルベラ初PP&青山周平3番手

シリーズ第4戦中国GPの公式予選2は13日、上海国際サーキットで行われ、エクトル・バルベラがポールポジションを奪取した。

気温19度。路面温度19度のドライコンディションの中、セッション終盤にアプリリアファクトリーの3人がポール争いを展開。バルベラは最後のアタックで、昨年ケーシー・ストーナーが樹立したベストポールを0.415秒更新する2分05秒781をマークし、中量級通算20戦目で初めてトップグリッドを獲得した。

加藤大治郎以来となる開幕から4戦連続のポールポジションを狙ったホルヘ・ロレンソは2番手。初日から好パフォーマンスを見せるルーキー青山周平は最後アタックで3番手に浮上。開幕戦以来となる2度目の1列目を獲得すれば、ポイントリーダーのアンドレア・ドビツィオーソも最前列を確保した。

初セッションから上位をキープする高橋裕紀はアレックス・デ・アンジェリスに次ぎ6番手。前戦勝者の青山博一は暫定14位から7番手までポジションを上げ、暫定ポールのアンソニー・ウエスト、ヤコブ・シュムルツ、マヌエル・ポジアーリがトップ10入りした。

Tags:
250cc, 2006, POLINI GRAND PRIX OF CHINA, QP2

Other updates you may be interested in ›