初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

サンデーガイド

サンデーガイド

サンデーガイド

D.ペドロサ:最高峰クラス4戦目で、フレディー・スペンサー、ケーシー・ストーナーに次ぎ、史上3番目の若さでポールポジション奪取。

J.ホプキンス:2004年と2005年の日本GP以来となる自己最高位の2番グリッド。

C.エドワーズ:昨年のフランスGP以来、2度目の1列目スタート。

アメリカンライダー:2004年リオGのN.ヘイデンとK.ロバーツ以来、アメリカ出身の2人が1列目に並ぶ。

最前列:3人とも今季初の1列目。僅か4戦で既に10人が最前列を獲得。

中野真矢:今季初めてトップ4に4メーカーが並ぶ。

イタリアンライダー:1998年アルゼンチンGP以来、イタリア人ライダーがトップ6を逃す。

N.ヘイデン:前戦で7戦連続表彰台獲得達成。

C.ストーナー:昨年250ccクラスで、ポール・トゥ・フィニッシュ達成。

V.ロッシ:6戦連続して1列目逃す。

Tags:
MotoGP, 2006, POLINI GRAND PRIX OF CHINA, WUP

Other updates you may be interested in ›