初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.シモンがトップに浮上

J.シモンがトップに浮上

J.シモンがトップに浮上

シリーズ第4戦中国GPのフリー走行2は13日、上海国際サーキットで行われ、フリアン・シモンがトップタイムをマークした。

気温14度。路面温度13度のドライコンディションの中、暫定11位のスペイン人ライダーは唯一、2分13秒台を突破。2番手ガボール・タルマクシに0.510秒差と大きなアドバンテージをつけた。

3番手には暫定ポールポジションのミカ・カリオが入り、ルーカス・ペセック、パブロ・ニエト、マティア・パシーニ、ファブリツィオ・ライ、アルバロ・バウティスタが続いた。

暫定25位の小山知良は、マイク・ディ・メッリオ、セルジオ・ガデアを上回り、一気に9番手まで挽回。エクトル・ファウベルとトーマス・ルティは16番手と17番手だった。

Tags:
125cc, 2006, POLINI GRAND PRIX OF CHINA, FP2

Other updates you may be interested in ›