初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.ストーナーが最速タイム

C.ストーナーが最速タイム

C.ストーナーが最速タイム

シリーズ第4戦中国GPのフリー走行3は13日、上海国際サーキットで行われ、ケーシー・ストーナーがトップタイムをマークした。

気温15度。路面温度16度のドライコンディションの中、昨年250ccクラス勝者のオーストラリア人ライダーは2分00秒603を刻み、ポイントリーダーのニッキー・ヘイデンに0.338秒差をつければ、ロリス・カピロッシ、コーリン・エドワーズが続いた。

初日2度のセッションでトップタイムをマークしたバレンティーノ・ロッシは5番手。ダニ・ペドロサ、ランディ・ド・プニエが続き、初日総合9番手だった玉田誠は23ラップを走り、トップから1.240秒差の8番手。14番手だった中野真矢はジョン・ホプキンスに次ぎ、トップから1.363秒差の10番手までポジションを挽回。前戦勝者のマルコ・メランドリは13番手だった。

Tags:
MotoGP, 2006, POLINI GRAND PRIX OF CHINA, FP3

Other updates you may be interested in ›