初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.カリオ、今季初優勝

M.カリオ、今季初優勝

M.カリオ、今季初優勝

シリーズ第4戦中国GPの決勝レースは14日、上海国際サーキットで行われ、ミカ・カリオが今季初優勝を飾った。

気温21度。路面温度23度のドライコンディションの中、6人による熾烈な優勝争いが最終ラップの最終コーナーまで持ち込まれ、ポールポジションのカリオがマティア・パシーニを0.097秒差で制して、今季初、通算5勝目を挙げた。

ランク1位のアルバロ・バウティスタは、開幕から4戦連続表彰台となる3位でフィニッシュ。ガボール・タルマクシ、フリアン・シモン、最終コーナーでコースアウトを喫したルーカス・ペセック、ラスト2ラップでポジションを4つ上げたエクトル・ファウベル、ファブリツィオ・ライが続いた。

10番グリッドからスタートした小山知良は、最終ラップにシモーネ・コルシを抜いて、2戦連続の9位でチェッカーを受けた。

チャンピオンシップは、バウティスタが16ポイントを加算。通算86ポイントで、2位に浮上したカリオに28ポイント差、ファウベルに32ポイント差をつけた。

Tags:
125cc, 2006, POLINI GRAND PRIX OF CHINA, RAC

Other updates you may be interested in ›