初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

主役たちのコメント

主役たちのコメント

主役たちのコメント

C.エドワーズ(初日総合1位):
「リザルトは本当に良かった。中国で好リザルトを獲得した後でここに来て、バイクのレスポンスはパーフェクトだ。全てが順調だ。」

V.ロッシ(初日総合2位):
「M1がこのサーキットでいいレスポンスをしてくれたことが嬉しい。コーリンと僕は上位にいる。僕たちにとって好リザルトだ。」

中野真矢(初日総合3位):
「初日にいいスタートが切れました。複数のタイヤをテストして、どれでもコンスタントのタイムが出せて、良かったです。明日は雨の予報なので、決勝がドライになる可能性を考えて、今日のうちに多くのことをトライしました。」

J.ホプキンス(初日総合4位):
「最初からいい感触があった。サスペンションを少し調整しただけ。レースタイヤのレスポンスを確認するために周回を重ねた。」

C.ストーナー(初日総合5位):
「コースアウトの後にグリップ不足の中で5番目、ホンダで1番は悪くない。もっといいタイムをマークできるだろう。」

玉田誠(初日総合6位):
「中国に続いて、走り出して直ぐにいいフィーリングがありました。タイヤも幾つか試し、今日の段階でいいのが見つかりました。」

S.ジベルナウ(初日総合7位):
「ルマン用のベースがあるが、雨でどのようなレスポンスがあるか確認しなければいけない。明日は違うヒストリーだ。」

L.カピロッシ(初日総合8位):
「ヤマハ2台を除いて、あとは接近している。最速ラップより、タイヤデータを収集するために周回を重ねた。」

D.ペドロサ(初日総合9位):
「簡単ではなかったけど、このサーキットでこのバイクで初日だったから、不思議な結果ではない。コースはよりタイトで、幾つかのセクションはこのバイクでは小さい。」

Tags:
MotoGP, 2006, ALICE GRAND PRIX DE FRANCE, FP2

Other updates you may be interested in ›