初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.カリオ、雨のセッションでトップ

M.カリオ、雨のセッションでトップ

M.カリオ、雨のセッションでトップ

シリーズ第5戦フランスGPのフリー走行2は20日、ルマンで行われ、ミカ・カリオがトップタイムをマークした。

気温13度。路面温度11度のレインコンディションの中、昨シーズンの展開を再現するように、カリオとトーマス・ルティが上位に進出。ドライコンディションで暫定2位を確保していたフィンランド人ライダーが0.339秒差でセッションを制すと、地元マイク・ディ・メッリオ、ファブリッツィオ・ライ、ミケール・ピロが続いた。

暫定ポールポジションのアルバロ・バウティスタは6番手。フリアン・シモン、マティア・パシーニ、ルーカス・ペセック、ガボール・タルマクシがトップ10入り。小山知良は9ラップを走り、40番手だった。

21回の転倒が相次いだ中、重症を負ったライダーは1人もいなかったが、初日に第六仙骨を骨折したアレックス・エスパルガロと右足首を骨折したフェデェリコ・サンディはセッションをキャンセルした。

Tags:
125cc, 2006, ALICE GRAND PRIX DE FRANCE, FP2

Other updates you may be interested in ›