初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

主役たちのコメント

主役たちのコメント

主役たちのコメント

D.ペドロサ(公式予選1位):
「最初は風が強くて難しかったけど、路面はドライで良かった。渋滞していて、最速ラップをマークするのが難しかった。いいタイヤが見つかった。いいスタートを決め、戦いたい。」

中野真矢(公式予選2位):
「中国でいいレースが出来なかったので、自分でも驚いています。マシン、タイヤも乗りやすいです。雨でも晴れでも、いい感じで走れていますが、レースは違うヒストリー。いいスタートを決めて、トップ5入りを狙います。」

J.ホプキンス(公式予選3位):
「ドライでもウェットでもいいセッティングがある。1列目からのスタートはいい。僕たちは上位を争うことができる。バイクのレスポンスはいいし、タイヤもいい。」

R.ドプニエ(公式予選4位):
「もし、昨日誰かがこのポジションを獲得できると言ったら、僕は信じられなかっただろうね。幾つか問題があったけど、午後にはバイクのフィーリングが良かった。」

M.メランドリ(公式予選5位):
「ポジティブな日だ。いいベースが見つかった。どんなコンディションだろうとバイクのセッティングはいいと考える。」

高橋裕紀(予選総合4位):
「雨、強風と難しいコンディションでしたが、メカニックたちがいい仕事をしてくれ、いいフィーリングがあり、最後にタイムが出せました。明日の天気がどっちでも、いいレースができると思います。」

Tags:
MotoGP, 2006, ALICE GRAND PRIX DE FRANCE, QP

Other updates you may be interested in ›