初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

WUP:ブリヂストン勢が上位独占

WUP:ブリヂストン勢が上位独占

WUP:ブリヂストン勢が上位独占

シリーズ第5戦フランスGPのウォームアップは21日、ルマンで行われ、セテ・ジベルナウ、アンソニー・ウエスト、マイク・ディ・メッリオがトップタイムをマークした。

気温14度。路面温度14度のウェットコンディションの中、過去に2勝を挙げている8番グリッドのジベルナウがチームメイトのロリス・カピロッシに0.405秒差をつければ、ジョン・ホプキンス、中野真矢、ランディ・ド・プニエのブリヂストン勢が上位を独占した。

7番グリッドのバレンティーノ・ロッシはクリス・バーミューレンを上回り、唯一ブリヂストンの一角を崩せば、ケーシー・ストーナー、ケニー・ロバーツ・ジュニア、コーリン・エドワーズがトップ10入り。

ポイントリーダーのニッキー・ヘイデンは11番手。ポールポジションのダニ・ペドロサは14番手。玉田誠は15番手だった。

250ccクラスは、ウエストが地元出身のシルバン・ギュントーリに0.888秒差と圧倒的な速さを見せれば、4番グリッドの高橋裕紀は3番手。青山博一は7番、初のポールポジションを奪取したアンドレア・ドビツィオーソは9番手、アレックス・デ・アンジェリスは11番手、エクトル・バルベラは13番手、ホルヘ・ロレンソは17番手、青山周平は20番手だった。

125ccクラスはディ・メッリオがトップ。0.130秒差でトーマス・ルティが2番手に浮上すれば、ルーカス・ペセック、ミケール・ピロ、ミカ・カリオが続き、ポールポジションのマティア・パシーニは11番手、アルバロ・バウティスは13番手、小山知良は21番手だった。

Tags:
MotoGP, 2006, ALICE GRAND PRIX DE FRANCE, WUP

Other updates you may be interested in ›