初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ポイント獲得への執念を見せたJ.ホプキンス

ポイント獲得への執念を見せたJ.ホプキンス

ポイント獲得への執念を見せたJ.ホプキンス

ジョン・ホプキンスは、第5戦フランスGPでトップを走行する好パフォーマンスを披露。転倒後には、ポイント獲得を目指して再スタートした。

2戦連続の1列目からオープニングラップを制した22歳のアメリカ人ライダーは、4ラップ目までトップをキープ。3位走行中の10ラップ目にスリップダウンを喫し、一度ピットボックスに帰還したが、最後まで走り抜き、15位フィニッシュ。1ポイントを稼いだ。

「クラッチに問題があった。序盤から全てが良かったわけではないし、もう少し遅く走っていたら、もしかしたら全てが上手く行ったかもしれない。加速で生じるタイムロスを補うためにブレーキングを遅らす必要があった」と振り返った。

「とにかく、リズラ・スズキは進歩し、ブリヂストンと一緒に上位に進出できることを証明した。初の表彰台は時間の問題だ。」

Tags:
MotoGP, 2006, ALICE GRAND PRIX DE FRANCE

Other updates you may be interested in ›