初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

キャメル・ヤマハ、地元から再出発

キャメル・ヤマハ、地元から再出発

キャメル・ヤマハ、地元から再出発

厳しい戦いが続いているキャメル・ヤマハの両雄は、チームの地元グランプリとなる今週末の第6戦イタリアGPから巻き返しを図る。

地元グランプリで4連勝のバレンティーノ・ロッシは、開幕からの悪い流れを変える絶好の舞台だと考えている。

「とても特別なレース。今シーズンで今まで以上に重要だ。もう一度勝ちたい。そのためには100%の力を発揮するために、集中して仕事に取り組むことが重要だ。ルマンでは新型シャーシは良く機能し、ムジェロで進歩するための収集したデータがある。」

「運がすごく悪かったけど、まだ12戦あり、43ポイントはそれほど大きなギャップではないと思う。難しいけど、11勝と2位を狙って戦う。」

「ルマンでは本当のポテンシャルを証明したと考える。運が変わるだけだ。だからムジェロは理想的な舞台だろう。」

イタリアを活動の拠点とするコーリン・エドワーズはルマンで新型シャーシをテスト。ムジェロで初投入する。「新型シャーシで30周ほど走り、本物のポテンシャルを確認することができた。」

「ホテルより、家族と一緒にモーターホームにいることが好き。その方がいい準備ができるし、週末に全力を尽くせる。これまでの流れから、この時期に家族と一緒にいることが大切だ。できる限りのアドバンテージが必要なんだ。」

ムジェロでの成績

V.ロッシ:
2005年(MotoGPクラス):(公式予選)ポールポジション‐(決勝レース)優勝
2004年(MotoGPクラス):3位‐優勝
2003年(MotoGPクラス):ポールポジション‐優勝
2002年(MotoGPクラス):ポールポジション‐優勝
2001年(500ccクラス):ポールポジション‐転倒リタイヤ
2000年(500ccクラス):3位‐12位
1999年(250ccクラス):6位‐優勝
1998年(250ccクラス):4位‐2位
1997年(125ccクラス):3位‐優勝
1996年(125ccクラス):8位‐4位

C.エドワーズ:
2005年:(公式予選)12位‐(決勝レース)9位
2004年:12位‐12位
2003年:13位‐9位

Tags:
MotoGP, 2006, GRAN PREMIO D'ITALIA ALICE

Other updates you may be interested in ›