初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

プレビュー:イタリアンフィエスタの再現へ

プレビュー:イタリアンフィエスタの再現へ

プレビュー:イタリアンフィエスタの再現へ

シリーズ第6戦イタリアGPは今週末、ムジェロで開催。ニッキー・ヘイデンはポイントリーダーとして、地元イタリア勢の挑戦に立ち向かう。

4人の地元ライダーたちが優勝、表彰台争いを展開し、ティフォシーたちを熱狂させた1年前のグランプリ。3人のイタリアンライダーたちは、昨年の再現に向けてモチベーションが高まっている。

前戦フランスGPで今季2勝目を挙げたマルコ・メランドリは、ポイントリーダーに4ポイント差に迫るランク2位に浮上。所属チームのフォルトゥナ・ホンダと共に勢いに乗って地元グランプリを迎えれば、同ポイントのランク3位ロリス・カピロッシは、ムジェロから数キロに位置するドゥカティ・ファクトリーの全面的バックアップを受けて、6年ぶりの優勝を目指す。

開幕戦から不運に見舞われ続けたバレンティーノ・ロッシにとって、2002年から4連勝を達成したムジェロは、浮上の切掛けを掴むには最適な舞台。ポイントリーダーとの43ポイント差を逆転するために、「残りレースで11勝と2位を狙う」ことを宣言した今、ミック・ドゥーハンが達成したムジェロ5連覇を狙う。

ムジェロでは18戦中12勝と圧倒的な強さを誇るホンダ勢。20歳のルーキー、ランク4位のダニ・ペドロサとランク5位のケーシー・ストーナーが、どのようなパフォーマンスを見せてくれるか、注目が高まる。

カワサキ、スズキの両ファクトリーは、戦闘力が着実にアップしていることを証明。高速テクニカルコースで、ブリヂストンタイヤを装着するZX‐RRとGSV‐Rのレスポンスにも興味深い。

Tags:
MotoGP, 2006, GRAN PREMIO D'ITALIA ALICE

Other updates you may be interested in ›