初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティ、地元で予選1・2位奪取

ドゥカティ、地元で予選1・2位奪取

ドゥカティ、地元で予選1・2位奪取

シリーズ第6戦イタリアGPの公式予選は3日、ムジェロで行われ、地元のドゥカティ・マールボロが上位を独占。セテ・ジベルナウが今季初のポールポジションを奪取した。

気温16度、路面温度18度と昨年より10度、25度低いドライコンディションの中、イタリアンファクトリーの両雄がベストポールを更新。ジベルナウは昨年最終戦バレンシアGP以来となる通算13度目のトップグリッドを獲得すれば、ロリス・カピロッシは0.089秒差で2番手に入り、開幕戦スペインGP以来となる予選1・2位を独占した。

『74』のマークも入ったスペシャルヘルメットで登場したバレンティーノ・ロッシは、ミック・ドゥーハンが記録したムジェロ5連勝に向けて、昨年第15戦オーストラリアGP以来となる8戦ぶりの1列目を確保すれば、ポイントリーダーのニッキー・ヘイデンは4番手。ホンダ勢の最上位グリッドから、最高峰クラスの通算200勝を目指す。

新型カウルを投入したカワサキの中野真矢は、3度のフリー走行では10番前後に位置していたが、セッション中盤から上位をキープ。ランク2位の地元マルコ・メランドリを抑え、今季4度目となるトップ5入りを果たした。

3列目にはジョン・ホプキンス、ダニ・ペドロサ、ケーシー・ストーナーが並び、玉田誠は4列目10番グリッドから明日の決勝レースを迎える。

Tags:
MotoGP, 2006, GRAN PREMIO D'ITALIA ALICE, QP

Other updates you may be interested in ›