初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

主役たちのコメント

主役たちのコメント

主役たちのコメント

S.ジベルナウ(公式予選1位):
「これが必要だった。これは僕にとって優勝のようなものだ。ドゥカティは僕を最初から信じていた。ここはイタリアだから特別だ。ドゥカティとブリヂストンに感謝する必要がある。」

L.カピロッシ(公式予選2位):
「2位に満足。ドゥカティの2人がトップにいるのはいいことだ。いいレースができるように、天候に恵まれることを願う。」

V.ロッシ(公式予選3位):
「ここは僕の好きなサーキットの1つだけど、簡単ではない。家族と友人たちみんなが僕と一緒にいるから特別なグランプリだ。可能な限りベストなリザルトを獲得したい。」

N.ヘイデン(公式予選4位):
「幾つかの弱点を改善したけど、トップスピードが良くならなかった。改善できるように仕事に取り組む。」

中野真矢(公式予選5位):
「ブリヂストンの予選用タイヤはすごくいいです。感謝しないと。午後にレース用タイヤで1分51秒台に入り、その後もキープでき、周りが速いですが、午前の状況を考えれば、明日に向けて自信になりました。明日はジャンプスタートをしないようにして(笑)。そのことはあんまり考えず、いいレースがしたいです。」

M.メランドリ(公式予選6位):
「望んでいた2列目を獲得したから満足。バイクの感触はいいし、リヤのフィーリングがすごく良くなった。明日はフロントを良くしないと。明日の天候を見て、ミシュランのアドバイスを聞かないといけないけど、選ぶタイヤは決まった。」

J.ホプキンス(公式予選7位):
「レースに向けて、いいセッティングがあるけど、あと0.5秒ぐらい速く走りたい。タイヤのレスポンスはいい。」

D.ペドロサ(公式予選8位):
「昨日よりすごく良くなった。上位のライダーたちより、まだ遠いから明日が重要だ。8番手は良くないけど、前のライダーたちにとても近い。」

C.ストーナー(公式予選9位):
「パッシングできるための、ストレートでいいスピードがあり、ブレーキングもいい。だから、レースが楽しみだ。」

玉田誠(公式予選10位):
「アベレージは1分50秒台で走れているので悪くないです。最後のアタックで大きなミスをしてしまい、10番手になりましたが、感じはいいので、明日が楽しみです。」

Tags:
MotoGP, 2006, GRAN PREMIO D'ITALIA ALICE, QP

Other updates you may be interested in ›