初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

125ccクラスのファイナルラップ:機知の戦い

125ccクラスのファイナルラップ:機知の戦い

125ccクラスのファイナルラップ:機知の戦い

第6戦イタリアGP125ccクラスの最終ラップは、地元マティア・パシーニ、ポイントリーダーのアルバロ・バウティス、チェコ史上初のポールシッターとなったルーカス・ペセックによる『機知の戦い』となった。

今回、歴史的なフィニッシュをもたらした最終ラップの駆け引きをビデオで振り返る。

Tags:
125cc, 2006, GRAN PREMIO D'ITALIA ALICE

Other updates you may be interested in ›